忍者ブログ

考えないで感じろ!

ここは主に友人にメールしても返事がこない類の話を吐き出す場所です

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

4月後半に読んだ本

私のGWは風邪で寝込んで終了です。
この恨みはらさいでか~~~(呪)
床ずれしそうです。
誰か優しく裏返して!ほんとに!


::RYU     柴田哲孝

ルポライター有賀のシリーズですよ。
アラスカで過ごしている有賀のもとに、沖縄の女性からお便りが届きます。
その手紙は、失踪した恋人が消息を絶つ前に撮ったと思われる写真に竜のようなものが写っているので、有賀に調べてもらいたいという内容でした。
竜の写真に興味を持った有賀は、早速沖縄に飛んで調べ始めるのですが、どうも失踪事件には米軍が絡んでいてやっかいな事態に巻き込まれていくんです。
もうさー、ほんとジャック(有賀の相棒の犬)が変な薬を飲んで、1日だけ人間になったりしないかね?
1日だけってのが切ないじゃん?
まあ別に毎月1回満月の時でもいいけどさ。
なんか有賀は尻フェチみたいだからさ、擬人化ジャックの尻尾つきのお尻に欲情してさ、嫌!有賀さんやめて!みたいなしょたっ子ジャッ……すいません発熱してるんでね。


::TENGU     柴田哲孝

これは有賀のシリーズじゃなくて、ジャーナリストが主人公なんですが、有賀もちょこっと出てきますよ。
やっぱり内容はUMA系です。
現在は通信社のジャーナリストとして活躍する道平が、26年前駆け出しの新聞記者だった頃に関わった未解決の殺人事件を調べ直す話です。
何を調べ直すかっていうと、タイトルからずばり犯人は天狗だったのか?という事なんですが、これもまた米軍やらベトナム戦争やらが絡んで、重く悲しい話なんですよね。
KAPPAやRYUに比べると、荒唐無稽であり得ない!と思うんですけど、ていうかこんな事があったら悲し過ぎる。でも戦争は人を狂わすからな。柴田先生の本を読むと、人間の傲慢さを感じると共に、人間なんてただのひ弱な動物にすぎないんだって事を忘れてはいけないよねって思います。


::ダンサー     柴田哲孝

こちらはまたまた有賀シリーズです。
しかし随分年取っちゃって、有賀ももはや50代、ジャックも15歳の老犬です。
あれだよね、ジャックは人間に換算したらすっかり有賀より年上になっちゃってるわけじゃないですか。ファンタジーにありがちな、異種間で年を取るスピードが違うっていう切ない感じ?あの域だよね?文句ある?
いつまでも一緒にはいられない…
一体、俺達いつまで一緒に…?
俺にはジャックしかいないんだ…!
とか、ジャックの老いに不安を隠せない有賀は今夜も酔い潰れ、そんな有賀を海辺のデッキに寝そべりながら優しくたしなめるジャッ……どうもすいません熱が下がらなくて。
あ、有賀の息子が大学の助手になってて、遺伝子工学やってて、今回はその研究室が発端となって、やっぱり謎の生物が起こす事件なんです。



現在 23/100冊


そういえば無事にプリGO買えました。
伯爵のメールが可愛くて悶えました。
メールを読んだ少佐は、明らかに今までと怒るポイントが違うよなと思います。
やっぱり付き合ってるよね?

あと、とりとめのない話ですが聞いてくださいよ。
こないだ大阪でライブを観たんですが、演奏してる人が段々汗で髪の毛が落ちてくるというかペッタリしてくるじゃないですか。それがいいよねたまんないよねって友達と話してて、たっつみの前髪が雨に濡れて落ちてくるのも一緒だよねって。そもそも濡れ髪というものがえろいと思いますけど、その徐々に濡れていく変化を楽しめるのもまた一興ですよね。
それと最近その友達と話してると、たっつみと銀さんをよく比べるんです。
大抵は、たっつみの色々どうでも良さそうな適当なところは素敵だけど、銀さんの適当さは緻密に計算された演出だから嫌だよねっていう話なんですけど。でもそれは年の差なのかなって。銀さんはまだ若いからしょうがないよって。
以上っす!
PR

CALENDAR

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

SEARCH

MAIL FORM

PROFILE

HN:
エマイカ
性別:
女性
趣味:
ハイキング
自己紹介:
年間読書100冊への道
戦績 4敗
07年●69冊
08年●58冊
09年●65冊
10年●98冊
今年はどうしたものか…

NINJA TOOLS

Copyright © 考えないで感じろ! : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]