忍者ブログ

考えないで感じろ!

ここは主に友人にメールしても返事がこない類の話を吐き出す場所です

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

もう4月か

3月どころか2月も本数えてなかったんだわ。
地震で本が雪崩れてごちゃごちゃになったから、抜けてんのあるかもだけどとりあえず!


::シンプルに生きる     ドミニック・ローホー
::シンプルリスト       ドミニック・ローホー

今更ですが断捨離。
私結構昔から断捨離実践してる気がすんだけどな。本買いときゃ良かった。
まじで服は季節ごとに上3枚下3枚しかないとかそんな感じだからね。
長い旅行に出ると確実にパンツ足りないからね。


::好かれようとしない     朝倉かすみ

奥手な女子が、鍵屋に恋する話。
なんか主役の子があんま応援したい感じじゃなかったな。


::サヨナライツカ     辻仁成

会社で「すごい気持ち悪いから読んで」と回されてきました。
私も同じ事を言って次の人に回しました。
あとがきまで隙がないです。
ここまでくると他のも読んでみたくなるほどだわ。


::宇宙のニューバイブレーション     中丸薫・坂本政道

スピリチュアル系。
対談形式なのに対談してないし、読みにくかった。
中丸さんの話は、私には受け入れ難いかなあ。
だって、「私がクレオパトラだった時」とか切り出すからね。

またアホなこと言うけど、前にここにも書いたけど、幽体離脱して宇宙に行くって言ったじゃん。
あれね大抵オリオンのベルトの辺りに行くのよ。
目立つ星座だし、印象深いからだなって自分では思ってたんだけど、この本読んだら、人間はシリウスかオリオンのどっちかから来てるって書いてあったよ。
もしそんなことがあるなら、私はオリオンなのかなって思ったんだけど、ふと思っただけだからみんな逃げないでね!


::波紋     堂場瞬一

失踪課のシリーズ。
タイトルが全部似た感じだし、買う時いつも読んだか読んでないか迷っちゃう。
ぱらぱら中見ても思い出せないくらいなのに、読むとやっぱり面白いんだよね。


::敗者の嘘     堂場瞬一

こっちは子育て刑事シリーズ。
やたらイケメンを押し出してくるから、ちょっと鼻に付く。
しかも自分がイケメンなの気づいてない設定なんだけど、そんなわけあるか馬鹿野郎。


::七人の安倍晴明     夢枕獏 編・著

先入観もあるだろうけど、やっぱ獏先生のが一番いいわ。


::落下する花     太田忠司

人が死んだら月導(つきしるべ)という、故人の最期の思いが形となって現れる世界なんです。形に限らず、香だけだったりもするんですが。
その最期の思いを読み取れる能力を持った、月読が主人公のシリーズです。
しかしこの月読(受け)に、いい攻めは現れないものかしら。
あまりに現れないから、月読は攻めなんじゃないかという迷いが出て参りました。どうしよう。


::屍鬼 1・2     小野不由美

ホラーと思って避けてたけど面白いじゃないの!
敏夫と夏野はいい攻めだと思います。
とりあえず続きが気になる。


現在 16/100冊
GWは早期合宿に入る必要が…
PR

1月後半に読んだ本

::ディプロトドンティアマクロプス     我孫子武丸

前に読んだ京都の探偵の後日譚だったわ。
前のもほのぼの系かな~なんて思って読んだら結構容赦なかったりしたけど、これまた容赦ないっていうか終了っていうか…もう続けようがなくない?みたいな…シリーズ化して欲しかったのにな。
しかし獣医さんと探偵は、何か間違ってどうにかなりそうな雰囲気があるのよね。あと助手の大学生ともなんだけどね。なんだ結局みんなホモか!(私の頭の中で)
どんな感じかっていうと、獣医と探偵は職場がお向かいなの。悪口言い合ってるくせにしょっちゅう一緒に飲みに行って、しかもランチも一緒なの。でもランチの時はお互いマンガとか新聞とか読みながら食べて、一言もしゃべんないの。でも一緒に食べに行く。
助手の方は、探偵に頭悪いなと思われてて、でも飯食わせれば何でも言う事聞くからいいや、っていうちょっと可哀相な扱いなんです。逆に助手は、探偵の事を「せんせい~!」と呼んで忠誠尽くしてる感じです。
私は、助手が探偵を無理矢理やっちゃって、我に返ってマジ泣きして土下座してるのを、お向かいから獣医がにやにやしながら覗き見してるのがいいかなあと思うんですけど、どうかなあ~?
どうでもいいとか言うなよ!


::醜聞の作法     佐藤亜紀

貴族のおうちに仕えてる女の子が、好いた人と結婚したいと思っていたところ、旦那様の友人に嫁がされそうになって、承諾するまで出さないと修道院に閉じ込められるんだけど、奥様が旦那様のこの振る舞いを世間に広めて、女の子を救うお話です。(長い)
なんだか意表をついていいお話だったように思います。


::聖なる予言
::第11の予言     ジェームズレッドフィールド

今更な上に、第10の予言が飛んじまった!
ネイティブアメリカンの教え、的なもんかと思ってたけど、小説になってるのね。
小説ってかフィクションだよね…?フィクションじゃなかったら、政府と戦い過ぎて大変です。
まず聖なる予言では、ペルーで発見された石版を巡って政府の追っ手から逃れ、第11の予言では、シャンバラの入り口を巡って、中国政府の追っ手から逃れます。
宇宙=愛みたいないいことが書いてありますが、主人公はその宇宙の教えを実践してるはずなのに、こんなにキレやすい中年でいいもんだろうかと思います。まだ修行の身だから?
あと盛り上げるためなんでしょうけど、悪というか敵というか邪魔する存在がわかりやす過ぎなのが気になります。銃撃されたりヘリコプターで追われたり、最初から映像化を意識して書かれたような気がしちゃうんです。そういうところがあって、あまり心が動かされませんでした。


現在 5/100冊

1月前半に読んだ本

数でも数えないとなかなか本読まない自分に気づいたので、今年もやることにしたよー。
そしてやってると、色々お勧めしてもらえたりするしね。ありがたいことです。


::聖域     篠田節子

文芸誌の編集が、辞めた同僚の荷物を整理していて、未完の原稿をみつけるんです。
読んでみるとすごく面白くて、どうにか続きを書かせたいんですが、原稿が書かれたのが15年前な上に、作者が行方不明なんです。
仕事を逸脱する勢いで行方を捜しているうちに、作者の作り出した世界にのめりこみ、作者自身に引きずり込まれていくというお話。
この話中話(未完の原稿)が私もすごい気になって…「その続きはどうなるんだ」byひでおの心境でした。
平安時代に比叡山を下りた坊さんが、蝦夷に布教に行くんですが、土着の信仰があるため受け入れられなくて、みたいなそんな話なんですけど。
東北地方に根付く死生観ていうのかしら。
仏教だ天台宗だなんてのは瑣末なことで、宗教を超えたところにあるというか、全く別物というか。
見仏記でじゅんとせいこうが、東北は死が近いところにあるというようなことを言っていたのが思い出されました。



早くも出遅れてやしませんか…
現在 1/100冊
 

CALENDAR

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

SEARCH

MAIL FORM

PROFILE

HN:
エマイカ
性別:
女性
趣味:
ハイキング
自己紹介:
年間読書100冊への道
戦績 4敗
07年●69冊
08年●58冊
09年●65冊
10年●98冊
今年はどうしたものか…

NINJA TOOLS

Copyright © 考えないで感じろ! : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]