忍者ブログ

考えないで感じろ!

ここは主に友人にメールしても返事がこない類の話を吐き出す場所です

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ヴァニティフェア

DVDで観ました。
ぼんさんながらく借りっぱなしでごめんよ~。

19世紀の英国で、貧しくて家柄のよろしくない女子が上流社会にえぐり込むべし、という映画です。主役は顎のリースです。
私の永遠のアイドルマイヤーズさんが、リースの友達の旦那役で出ております。マイヤーズさんは軍人ですが父親が商人なため、爵位に憧れて野心家で生意気な役でとってもお似合いでした。衣装もお似合いです。でも出番が少ないんだ!

感想はフーンていうか…だって感動するような話じゃないし…。って借りときながらなんですが…。
リースが貴族のいい男捕まえてのし上がって行くんですけど、友達思いで意外といい人なので悪女になりきれてないし、かと思うと強かでいらっとくるし、しかもどうしても顎が気になって…。
魔性の女ってもっと色気があって美しくなきゃだめなんじゃないのかしら。
でも普通っぽいのに、何故か殿方が夢中になってしまうあたりが、真の魔性なのかしら。
私はカルメン系悪女の方が好きだなあと思いました。

そしてやっぱりジョナ子目的としては物足りなかったです。軍服姿をもっと堪能させてくれ!



そうだ聞いてくださいよ。
LAこんふぃでんしゃるって映画あるじゃないですか。
廃盤になっていたDVDが、ようやく6月に出るらしいです!
寝落ち5回目(最新は昨日。すごい不覚。)の私としては嬉しいニュースです。
がいぴあーすの七三めがね…ハァハァ…。

PR

とにい二本立て

ぶえのすアイレスとかよーねんかを観てきました。

ぶえ~は、今更説明するまでもないかもですが、香港のゲイカップル(とにーれおん&れすりちゃん)が心機一転ぶえのすあいれすにやってきて、喧嘩したり仲直りしたりという映画です。
今まで何度か観て、その度に、ビッチ受けれすりに振り回されるとにいが可哀相だなと思ってたんですけど、今回はとにいのしてやったり的振る舞いにカチンときましたよ!れすりをあんなに泣かせやがって!屋台でちゃっかり写真盗みやがって!清々しい顔しやがって!同じ映画でもその時の心境?によって感じ方が違うものですね。
でも、どうせまた何年後かに香港で会っちゃって、やり直すんじゃないの?と思います。ていうかやり直して欲しいな。進歩無く「出てけ!」ってなるだろうけれど。腐れ縁、復縁が大好きです。
そしてあの灯台と滝は私も行ってみたい!腐れ縁と同じくらい半島とかの先っぽが大好きです。今までで一番興奮した場所は知多半島の先端ですハァハァ。島国日本でも我を失うのに、あんな南米大陸の先っぽなんて考えただけで……何の話でしたっけ?

かよう~の方は、とにいれおん&まぎいちゃんがお隣同士で、お互いの嫁と旦那が不倫してあわよくばダブル不倫という映画です。こちらも何度か観た事があるのですが、アホな私にはそれぞれの胸の内が想像しにくくていつ観てもわかりにくいです。
とにーも薄味というか、もっといやらしくても良さそうなものなのに、と物足りなく感じます。
私2046は観た事ないんですけど、観たらかよーねんかも少しは理解できるのかしら?

みすたあろんりー

でぃえごるなたんが、じゃいけるまくそんの物真似をする映画を観てきました。
意味わかんなかったよ!
でもるなたんが、傷つきやすく可憐な役柄だということはよくわかりました。
ムーンウォークすら可憐です。
あまりに可憐(しつこい)なので、いつちゃっぷりん(の真似っ子)とじぇーむすでぃーん(の真似っ子)に押し倒されるかとはらはらしたくらいです。まどんな(の真似っ子)に至っては本気で食われるかと思いました。

彼は年を重ねるにつれ、受け受けしさが増していくように思います。

何の話?って感じですよね…
いや私が聞きたいくらいなんですよ…

まぐのりあ

CSで放送しているのを観ました。

観てて思ったんですけど、私は、何人かの登場人物のそれぞれの日常生活が少しずつ関わりを持って、全体としてつながっていく話が好きなんですね多分。
この映画も、LAで生活する一見何の関わりもない人達が奇跡的に(大袈裟か)出会って、つながってゆくストーリーです。

死にかかったじーさんから天才少年まで、まさに老若男女が出てくるのですが、どの人も程度の差こそあれ悲しみや絶望に打ちひしがれています。
そして心境を表すようにどしゃ降りの雨のシーンが続きます。
登場人物には共感できたりできなかったりですが、雨が止んで晴れ間が覗いて、ああみんなの気持にも状況にも明るい兆しが見えてきたのかなと思ったら…
思ったら!
晴れる前にとんでもない物が降ってきた!
1日の間の出来事を描いているのだけれど、たった1日で人生は劇的に変わるのだなあと思いました。

とりあえず見所は、とむくるーずが白ブリーフ一丁ではしゃぐ姿と、ちょっといかれたゲイの中年の切ない恋心です。

らすとコーション

観てきました。
日本占領下(戦時中)の香港と上海が舞台で、とにーれおんが中国の高官の役です。

ねたばれしちゃいそうだからとにーの話でも…

とにーの、パンツを脱ぐ速さと逃げ足の速さには目を見張るものがありました。
ほんと速いんだから!
しかもパンツを脱ぐ時なんて、シュルッと抜いたベルトで抵抗する女の人を鞭打ち、かと思うと瞬時にベルトで輪っかを作って手首を縛り上げ、尚且つ自分のパンツも下ろす。お見事です。
ていうかベルトがこんなに便利だなんて…!
伯爵もこんくらいさらっとやってのけそうだな。少佐のベルト抜くの速かったからな。

それにしてもトニーのすごいところは、目で語るところだと思うんですよ!
だってちゃんと、ややアブノーマルな性癖を持つ、若い子をいやらしい目で見るおっさんの目をしてたもの!

CALENDAR

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

SEARCH

MAIL FORM

PROFILE

HN:
エマイカ
性別:
女性
趣味:
ハイキング
自己紹介:
年間読書100冊への道
戦績 4敗
07年●69冊
08年●58冊
09年●65冊
10年●98冊
今年はどうしたものか…

NINJA TOOLS

Copyright © 考えないで感じろ! : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]